奪い愛このドラマは面白い嫉妬と愛情 三浦翔平 倉科カナ感想

嫉妬と愛情 奪い愛と初めてドラマの名前を聞いた時からきっとドロドロとしたドラマなんだろうとは想像していたが想像を超えてくるほどハラハラドキドキさせられた。どうして恋愛は2人きりでは出来ないんだろうと考え込んでしまうくらい現実にも起こり得るようなドラマだから感情移入してしまう。本気で愛した人が急にいなくなってしまう悲しみ、本気の恋を忘れさせて笑顔を取り戻させてくれた人への愛情、きっと本気で本気で三浦翔平を愛しているのは確かなのに、やっぱり過去の恋の存在は大きい。というか、過去の恋だからこそ輝いて見えて忘れられなくなって本当に邪魔だと倉科カナ自体も思ってるだろうし、結婚を控えてこの恋に集中したいのもすごくすごく伝わってくるのに、どうしてうまく進んでいかないのか、すごくモヤモヤしてしまう。三浦翔平のお母さんだって、あんなことされたり言われたりしたら、私なら笑えないしやり過ぎにも程がある。こんなこと現実でされたら自信喪失に満ち溢れてしまいそう。元カノの登場だって、今カノとしては邪魔で邪魔で仕方ないし、嫉妬どうのの問題じゃない。その2人が仲良くして結婚を邪魔して来たらショックでショックで仕方ない。会社でも邪魔者が多すぎる。振られたからってやっていいことと悪いことがあるし、2人で仲良くやってたらいいのに、1番むしゃくしゃするのが同僚の女が三浦翔平にいらん事ばっか言って自分の方に気持ち向けさせようとしてるとこ。そんな事でしか相手に近づけない女は最終的には絶対幸せになれないと思うし、幸せになんてなって欲しくない。倉科カナも本気で好きだったのは十分わかるんだけど今の彼氏のことも考えてあげてもいいと思うけどな。気持ちが揺れてるのがバレバレだし、気持ちが全然吹っ切れてないんだと思う。これからもっと元彼に気持ちは向いていくだろうし、三浦翔平がかわいそうだと思うな。でも、絶対元彼の奥さんから半端ない仕返しはされるんだと思うな。元彼の奥さんも実際自分との結婚が本当に愛情込みの結婚だったかどうかなんて自分が1番わかってるからこそ心配で行動がエスカレートしちゃうんだろうし、うまくはいかないと思うけど、奥さんの仕返しは本当に半端なさそう。それを元彼も十分わかってるんだったら近づかないでほしい。倉科カナも元彼ももっと距離感を保ったらいいのに不器用すぎる。好きな気持ちだけじゃ、うまくいかないし、たくさんの人を悲しませたり傷つけることにも気づいてほしい。

それでもすごい現実と重なる部分がすごい多いからはまるしめっちゃ感情移入する。

このドラマは面白い。また早く続きが見たいと思ってしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする